阿部道場はそれぞれ際立った特技を持つ俳優によって構成されています。

俳優、舞台演出家、振付け師、殺陣師である主宰の阿部岳明は、世界に通用する日本人らしいオリジナリティと独創性のある雰囲気を持つ演技を究めるために、侍の所作や殺陣を体作りと演劇の基礎作りとして置きつつも時代劇、古典にとどまらない見る人やる人に活力を与えていける演技を追求しています。所作一つ一つにも意味があり、挨拶の仕方、姿勢、歩き方、声の出し方、演技の間合いと呼吸の図り方等を殺陣を通して教えています。

阿部を筆頭に師範代・村田佑輔、高弟・江利智弘、渕井達也、フランス語に堪能で海外舞台経験の豊富なNoy、イギリスで本格的な英語で世界に通じる演劇手法を身につけた田村隆などを核として殺陣、海外古典、SF、多言語作品、ファッションと演劇のコラボレーションショーや伝統芸能とのコラボレーションなど数々のユニークかつ創造的な活動を行なっています。

 

 

   「活人無双流・阿部道場・清龍館」

 

名前の説明をさせて頂きます。

まず「活人」ですが、これは非常に深い言葉で、わかりやすく言えば、人を活かす、ということです。剣術はどうしても殺人術になってしまいがちですが、そうではなく、剣によって人を守り、人を活かす剣こそが本来の姿ではないかと、昔の剣豪が追い求めていました。

私も活人剣には賛成で、それこそ人を守る真の侍の姿だと思います。
阿部道場でいう活人は、爽快で迫力のある殺陣をみて頂き、それによってその人が元気になったり、明日への活力になれるような意味が込められています。

続いて「無双」ですが、他に右の出るもののいない、二人といない最強!という意味もありまして、阿部道場では唯一無二の殺陣が出来るようになって欲しいという願いを込めてつけました。

 

「阿部道場」はそのまんまです!

最後に「清龍館」ですが、清らかな心で、そして時には龍のような凄まじい気合いでもって稽古や本番にに望んでもらいたいという思いでつけました。

 

誰にも負けない自分の武器を身につけ、清らかな心と龍のような気迫で望み、人を元気に出来るような剣士になって欲しいということ です。一番は、やはり「活人」ですね!

普段の稽古は、型から始まり、斬る、斬られる稽古、刀を合わせる稽古、立ち回りと、その日によって少しずつ変化します。

基礎を大事にしていまして、特に「斬る」姿や形にはこだわりをもって稽古しています。

『いかに美しく斬るか』
伝統ある殺陣「田村」を受け継ぎ、私の感性を取り入れた指導を行っております。
沢田正二郎さんが開発してくださった型も、必ず毎回行っておりまして、初心者の方から経験者の方まで幅広い方が道場で稽古に励んでいますので、お気軽にどんどんご参加ください(^o^)

安全で楽しく真剣に稽古をやっていける環境だと思います。

そして殺陣は、特別な運動神経がなくても、どなたでも剣豪になれます!

近年、殺陣も研究され続けていまして、一つ一つの振りにきちんとした理由、やり方を丁寧に指導していますので、お任せください! 

 

通っている方は舞台・映像で活躍している役者がほとんどですが、一般の方も通えるコースもあります!お気軽にどうぞ♪

 

よろしくお願い致します!